「何とヒドイことを…」 リゾート婚カップルの動物虐待に批判殺到

ひとつテーマを設ける結婚式はユニークで楽しいものだが、これだけはいただけない。

社会

2019/07/20 09:00

ロバシマウマ
(bazilfoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「皆さんに喜んでもらえると思い、精一杯の演出をしてみました」と本人たち。だが、こんなことをするのは動物虐待にほかならない。あるテーマで結婚式を挙げたリゾート婚カップルに、批判が殺到している。


 

■2人が選んだテーマは…

冠婚葬祭に何かひとつのテーマを設け、主催者(故人)の個性や趣味を前面に出そうとすることが近年は増えている。このほどスペインのカディス県にある有名ビーチリゾート、エルパルマーで1組のカップルがたくさんの人を招き、そんな結婚式を挙げた。

幼い頃から動物が好き、そしてアフリカが好きだというカップルが選んだテーマは「サファリ」。式場となるリゾートが所有する広大な敷地を余すところなく使用し、ところどころに動物たちを配置した。


関連記事:「イカの締め方」動画に虐待指摘 「命を頂いて生きる」と省みる声

 

■毛色を染められた動物たち

だがスペインの地で、ある1日のみアフリカのサファリを再現するというのは至難の業。あろうことか、2頭のロバはシマウマに見えるよう、なんと体毛に黒の縦縞がペイントされていた。

これには挙式に招かれた人々も仰天。「ロバを無理やりシマウマに変えるとはあまりにも愚か」「恥ずかしい行為だ」と多くの人が憤慨したと『Andalucia Informacion』が伝えている。

次ページ
■「なんと恥知らず」と批判殺到

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ