いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…

いじめに苦しんでいたとされる少年が、多くの「友達」の目の前で命を絶った。少年をそこまで追い詰めたのは、何だったのか…?

社会

2019/07/20 08:40

いじめ
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いじめに耐えられず、自ら死を選ぶ若者が後を絶たない。このほど自殺した少年はわずか14歳だったというが、その最後の瞬間を多くの「友達」が目撃し絶叫したという。


 

■多数の学校関係者の前で…

7月15日のこと、英国イングランドで14歳の少年が自殺した。少年の学校へは多くの生徒が電車で通っているといい、この日の夕方も駅には約50人もの学友や学校関係者らがいたという。

しかし電車が近づくなか少年はいきなり線路に横たわり、多くの「友達」の目の前で電車に轢かれ息絶えた。この様子を目撃した多くの子供たちが絶叫。「死ぬ姿を見ちゃった」と叫び激しく動揺していたと英メディアは伝えている。

遺体のそばには遺書とみられるメモ書きが残されており、そこにはいくつかの名前、そして携帯電話のロック解除に必要なコードが書き込まれていたという。


関連記事:所沢市の同級生刺殺事件 同じ中学校で「過去にも自殺者が出ていた」という実態とは…

 

■原因はいじめ…?

少年については「良い子だった」という声もあがっているが、「インターネット上で酷い嫌がらせを受けて悩んでいた」という証言も浮上している。

また「学校でも休み時間にひとりぼっちで座っていた」という声もあることから、友達関係に関する悩みを抱えていた可能性が高そうだ。

次ページ
■学校側の認識

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ