「物」と「体験」どちらを買いたい? 年をとると価値観の変化も

物は形に残るが体験はすぐに消えてしまう。しかし、体験は思い出となって長く心に残る。

ライフ

2019/07/21 20:00

買い物
(miya227k/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バリバリと働き、手に入れたお金で高価なものを買うことこそ幸せとされた時代から、物に溢れ物理的には豊かになり、ある程度のお金があれば安く何でも手に入る時代となった。

近年では、体験を買うことで心の充実を得ようとする人も増えており、消費傾向が変わってきているようだ。では実際、世間の人たちは「物」と「体験」どちらを有意義な買い物だと感じているのだろうか。


 

■物より体験派は3割

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の31.8%が「物を買うよりも体験を買うほうが有意義だと思う」と回答した。

物より体験

体験を買うほうが有意義だと感じているのは3割とまだまだ少数派なようだ。なお、男性28.5%、女性34.9%と、男性より女性のほうが体験を重視する傾向があるようだ。


関連記事:色気がある人に惹かれる? 高齢層は男女間で傾向に違いも…

 

■高齢層は体験重視に

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…
物より体験もっとも割合が高かったのは50代女性で44.5%。60代女性が39.6%、40代女性が38.7%で続く結果に。男性も60代が34.6%、50代が34.4%と割合が高く、男女ともに高齢層が物より体験を買うほうが有意義だと感じているようだ。

体験は、後から思い返した時にかけがえのない思い出としてより価値を持つようになるため、高齢層の割合が高くなるのだろうか。


■地域によってバラつきも

さらに、この結果を地域別に見ていくと…
物より体験

もっとも割合が高かったのは北陸地方が47.1%と、ダントツで物を買うより体験を買うほうが有意義だと感じている人が多いようだ。

・合わせて読みたい→「かけはぎ」や「金継ぎ」… 日本人の物持ちがいいのは伝統?

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ