宮迫会見を受けて弁護士が緊急寄稿 「今こそ芸能人たちは立ち上がるべき」

宮迫博之・田村亮の謝罪会見で語られた吉本興業の問題。エンターテイメント業界に強いレイ法律事務所・佐藤大和代表弁護士が緊急寄稿。

エンタメ

2019/07/21 10:20


 

■第三者委員会の設置

宮迫博之

吉本側は、彼らに対して何かするのではなく、調査対象を絞らずに第三者委員会を設置して、今回の件について、吉本興業側の対応も含めて、徹底的に原因を究明して公表をするべきだと思っています。

そして、テレビ局と事務所の関係についても見直していくべきでしょう。


関連記事:市井紗耶香、わずか3ヶ月で事務所と契約解除 原因は政治活動の継続か

 

■対立ではなく対話

最後に、今回の件を契機に事務所側と芸能人側が対立することは好ましくありません。

私は、今までも対話を訴えてきましたが、今後も対立するのではなく、事務所側と芸能人側が対話をしながら、芸能事務所の役割を強化しつつ、芸能人の権利を向上させ、ともにエンターテインメント業界を盛り上げていくべきだと思っています。

今回の宮迫さんや亮さんの勇気ある行動が消えないように期待しています。

・合わせて読みたい→ロンブー、会見で着ていたTシャツに注目集まる 「やっぱり…」

(文/レイ法律事務所佐藤大和弁護士)

この記事の画像(1枚)