友達の目の前で9歳女児が感電死 プール周りの電気コード類に十分注意を

濡れた状態で電気工事中のプールに入るほど怖いものはない。

社会

2019/07/21 14:30


 

■大人が目を離した一瞬のすきに

事故当時、母親はその現場にはいなかった。事故は別れた夫の自宅のプールで起きていたためだ。さらに女の子の父親は当時その家にはおらず、子供たちの面倒を見ていたのは交際中の女性であったという。

その女性は「当時はトイレのためプールを離れていた」と説明しており、監視が不十分だったこともあわせ、警察の調査はまだ続いている。


関連記事:子供の習い事の教室の先生に恐怖 「指導者として失格だと思う」

 

■危険な場所はないか十分注意を

かわいい娘を一瞬の感電事故で失ってしまった母親は、『KCRA-TV』にこう話している。

「これは庭にプールがある、どのご家庭で起きてもおかしくない悲劇的な事件です」


「水に濡れた状態ですから、電気関係は特に注意が必要。危険なところがないか、大人が十分に確認してあげてください」


「そして何より、子供たちから常に目を離さないことです。私たちの場合、そこを怠ってしまいました」


こうした事故は国の内外を問わず、個人所有のプール以外でも起きている。プールの周辺には電気関係の装置やコードがそれなりに存在しており、子供たちに「触れると危険」ということを十分に教えておく必要があるだろう。

・合わせて読みたい→80代老婆が暴走 遊んでいた子供たちにブチ切れたあげく警察とカーチェイスに

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

この記事の画像(1枚)