シバター、炎上商法でガチ炎上のレペゼン地球に言及 「真面目に言うと…」

炎上商法で、マキシマムザホルモンを巻き込んで大炎上中のレペゼン地球・DJ社長について、YouTuberのシバターが持論を展開。

エンタメ

2019/07/22 15:20

炎上商法で炎上中のDJ集団・レペゼン地球のリーダー・DJ社長について、ユーチューバーのシバターが動画で言及。動画がよく炎上していた自身の立場から、炎上商法について私見を述べた。


 

■パワハラ・セクハラ告発のはずが…

事の発端は、DJ社長が経営するLife groupに所属する女性タレント・ジャスミンゆまのツイッター投稿。DJ社長からパワハラ・セクハラを受けていることを告発すると、これを受け、DJ社長は頭を丸めて謝罪する動画をアップした。

しかしその後、「パワハラ ザ ホルモン」という動画がアップされ、ジャスミン側からのセクハラ・パワハラの告発、LINEでの下世話なやりとりなどすべてが自作自演だったと判明。加えて、謝罪動画での丸坊主姿は特殊メイクだったことを明かし、休止中だったレペゼン地球の復活を宣言する。


関連記事:シバター、炎上商法でガチ炎上のレペゼン地球に言及 「真面目に言うと…」

 

■炎上マーケでガチ炎上

このようにして9月開催の西武ドームでのライブに向けた、炎上プロモーションだと判明したのだが、セクハラ・パワハラをネタにしていたせいでネット上で批判が殺到し、協力者だったジャスミンも大炎上。

DJ社長が「パワハラ ザ ホルモン」のMVを削除したことをツイッターで報告すると、「不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪するに至った。

次ページ
■炎上商法は「成熟しきったコンテンツ」では…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ