『ガキ使』藤原副社長の会見登場にネット複雑 「何が悲しいって…」

吉本興業・岡本社長による記者会見に、『ガキ使』にも出演している藤原副社長も登場。ネットでは複雑な声も…

エンタメ

2019/07/22 18:00

藤原寛副社長

22日、吉本興業・岡本昭彦社長が都内で記者会見を行なった。会見では、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「笑ってはいけないシリーズ」にも出演している、同社の藤原寛副社長も登場。

岡本社長に代わって質問に応じる場面もあり、インターネット上では複雑な声があがっている。


 

■報告受け社内も動揺

20日に行われた田村亮と宮迫博之の会見の中で、「会社側から静観するようにとの指示があった」とする証言が出たことについて、岡本社長に代わって藤原副社長が質問に応じた。

藤原副社長は「『静観』という言葉を使ったかは覚えてないです」と説明。芸人らから金銭授受の事実を聞き、「今まで聞いていたのと全く違う答えだったので、正直信じられないというかびっくりした。関係者の皆様にも謝罪を含めてご報告していたのと全然違うので、どうしようかとなっていた」と、社内も動揺していたことを明かした。


関連記事:ウーマン村本「黙ってても炎上」 吉本を巡る騒動から距離を置いた芸人たち

 

■「静観」発言を否定

続けて、「本当にしっかり確認作業をしないと。いい加減な報告をしてはいけないと。対応を含めて考えなきゃいけない」と、慎重に事実確認・今後の対応を検討していたことを回顧し、「『静観』という言葉は使っていないと思う」と、改めて発言を否定した。

また、「会社としてどんな幕引きを想定していた?」「隠蔽する意図があったのではないか」と追求されると、岡本社長は「隠蔽するという意図はなかった」と断言した。

次ページ
■ネットでは複雑な声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ