南キャン・山里、便乗して吉本批判する若手に忠言 「つぶやきを覚えてる会社」

『たまむすび』で、世間をざわつかせる吉本興業の騒動に関して、同社所属の南海キャンディーズ・山里亮太が苦言を呈した…

吉本興業

雨上がり決死隊・宮迫博之らの反社会的勢力と関連した闇営業の発覚を発端に、芸人らの吉本興業への不満が爆発。「芸人VS吉本興業」の様相を呈してきた同騒動に、23日放送『たまむすび』(TBSラジオ)で同事務所所属の南海キャンディーズ・山里亮太が口を開いた。

ヒートアップし事務所批判を繰り返す芸人らに注意喚起しながら持論を展開、大きな反響が起きている。


 

◼会見を振り返る

「弊社のトップが泣いている」「会見って人柄が出るなぁ」と賛否あった先日の宮迫とロンドンブーツ1号2号・田村亮、吉本興業・岡本昭彦社長の双方の会見を振り返りながら、山里は持論を展開していく。

「先輩たちが本当に一生懸命。想いっていうのはちゃんと言葉に乗る。喋りを生業にしてない人だって伝えたいこととか。本気なんだなぁって」と会見時の双方の本気度合いを推し量る。


関連記事:松本人志「やらかした子たち、俺が引き取る」 吉本・岡本社長がVTRで謝罪も

 

◼ギャラ事情の不満暴露に…

社長会見内で「事務所と芸人で半々」と明かされたギャラ事情について、「みんな『俺はそんなもらってない』みたいになっちゃってる」と芸人らがSNS上で不満を暴露しはじめた風潮にも触れた山里。

若手芸人らに向けて、世話になった先輩たちの姿を見てグッと気持ちが上がっているのも理解しているとしたうえで、「今つぶやいていることとかを覚えてる会社。『あの時、言ってやがったな』って怒られて欲しくないから、何か答えが出るまでみんな気をつけて」と諌めた。

次ページ
◼吉本興業批判に反論

あなたにオススメ