あわや転倒も… 安倍首相は「アスリート並みの立ち直り」?

「東京2020大会1年前準備状況報告会」が開かれ、森喜朗氏や安倍晋三氏、国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハ氏、東京2020開会式・閉会式4式典クリエーティブメンバーなどが出席。

社会

2019/07/24 17:20

安倍晋三内閣総理大臣

いよいよ東京オリンピックまで1年に迫った24日「東京2020大会1年前準備状況報告会」が開かれ、東京2020組織委員会会長の森喜朗氏や内閣総理大臣・安倍晋三氏、国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハ氏などが出席。

各競技場や選手村などの整備具合、競技日程やチケットなどの準備状況を資料で示すとともに、報告を行なった。


画像をもっと見る

 

■準備の早さは新記録

森喜朗

森会長は「バッハ会長から、東京2020は『準備の早さはオリンピック新記録』とお褒めの言葉をいただいている」と微笑む。

さらに野村萬斎やMIKIKO、山崎貴監督など開会式・閉会式の準備を進めているクリエイティブの委員の8人が、報告会の前に初めてバッハ会長と会い、1時間ほど懇談して激励をもらったことと明かした。



関連記事:デーモン閣下、東京五輪の中止検討報道に「ひと言」 反響相次ぐ

 

■転んでも立ち直りかたが…

会の途中から参加した安倍首相だが、席に向かう途中に転びかけてしまうハプニングも。

安倍晋三内閣総理大臣

「入ってくるときに転んでしまったのですが、バッハ会長からは立ち直りかたがアスリート並みだとお褒めの言葉をいただきました」と笑い飛ばし、「温かい想いと気持ちが詰まった、東日本大震災の復興を世界に発信する、令和の新しい時代にふさわしい大会にしたいと思っています」と宣言。

安倍晋三内閣総理大臣

そして「一丸となってご支援させていただきたいと思っています。全ての皆様がオールジャパンとなって、大会の成功に向けて頑張って参りたい」と来年に向けての思いを語った。

・合わせて読みたい→コロナ流行で東京五輪開催めぐり海外メディアが質問 IOCとWHOの発言食い違いも

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(6枚)