『ミヤネ屋』吉本興業“元マネージャー”の発言に驚きの声 「大丈夫なの?」

『ミヤネ屋』吉本興業「伝説の元マネージャー」の大谷由里子氏が出演。数々の発言に、ネット上がざわついた。

エンタメ

2019/07/25 05:30

テレビカメラ
(RGtimeline/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

24日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に吉本興業の元社員で「伝説の元マネージャー」といわれた人材活性プロデューサーの大谷由里子氏が出演。数々の赤裸々トークに驚きの声があがっている。



 

■「直営業とか全然認めてましたからね」

一部では「9:1」とも言われる吉本興業のギャラ配分の話題では「1万円の芸人さんから(事務所が)8割抜いたって8,000円なんです。でも3億円稼いでくれるタレントさんだったら、2割抜いたって6千万円になるわけじゃないですか。1万円で『8割抜かれた』って文句言う芸人じゃなくて、1億2億稼いで8割もらえる芸人になれよって言ってました」と話す。

「直」といわれる闇営業については、「30年前から直営業とか全然認めてましたからね」と明かし、宮根が苦笑いを浮かべる一幕もあった。


関連記事:田村淳、伝説のマネージャーに疑問… 「よく言った!」と賛同の声

 

■「劇場を維持するってどれだけ金が…」

また、1回の出番で500円とされる若手芸人の舞台の話題では「別に吉本は、強要して『劇場に出ろ』って言ってるわけじゃないんですよ。劇場にも出られない芸人さんたちはいっぱいいる」と語る。

「前説でいいから出してくれ」「500円でいいから出してくれ」と言う芸人はいると話し、チャンスは芸人自身で掴んでいく必要があるとしたうえで、「劇場を維持するってどれだけ金がかかると思います?」と会社側の目線でコメントした。


■「誰も笑ってない」「やつれてる」の声も

大谷氏の発言の数々に、ネット上では「言って大丈夫なの?」「宮根さんがすっごい顔してる」など驚きの声が続出。ツイッターでも「ミヤネ屋」がトレンド入りした。

また、大谷氏の発言を時折フォローしていた宮根に「顔が引きつっている」「呆れているように見えた」など心配の声もあがっている。

伝説の元マネージャーによる発言に、出演者やネット上で驚きの声があがった今回の放送。あくまでも過去の話であり、大谷氏による個人的な意見ではあるものの、吉本興業の体制に疑問を抱く声が多いタイミングだけに、さらなる「燃料投下」にならなければいいのだが…。

・合わせて読みたい→芸歴53年の大ベテラン・池乃めだか 吉本に物申した発言が「本物の芸人」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一


あなたにオススメ