「弟を守りたい」 酒に溺れた母からの虐待に耐えかね…

「このままでは殺される」という恐怖心から、銃を母親に向けた少年がいる。

社会

2019/07/26 09:20

 

■少年を「勇敢」と褒めた弁護士

愛情深く善良な保護者ではあったというが、アルコールに依存し、酒を飲むと息子たちに暴力を振るい虐待していたというこの母親。

検死の結果、長く続けた飲酒の影響で肝臓がダメージを受けていたことも判明している。

そんな親から弟と自分の命を守るべく発砲した少年につき、弁護士は「勇敢にも親の攻撃から弟と自分を守った」「法的にも問題はない」と主張。しかし少年とその弟の心の傷は深く、過去に受けた虐待の影響もあって、PTSDに苦しんでいると言われている。


関連記事:3歳で体重30キロ 我が子を肥満で死なせた鬼母の驚くような「手みやげ」

 

■酒の影響で暴力を振るった経験は?

アルコールに依存し、息子たちが命の危険を感じるほどの暴力を振るっていたこの母親。

しらべぇ編集部が全国の20〜60代男女計1,363名を対象に「酒に酔って暴力を振るったことがあるか」につき調査を行ったところ、全体の7.9%が「ある」と回答した。

酒に酔って暴力を振るったことがある?

酒に支配され最愛の我が子を虐待した結果、この母親は息子を発砲するまで追い詰め、一生癒えぬ心の傷を負わせてしまった。酒を飲むと自分をコントロールできなくなると感じたら、依存症の専門家にぜひ相談していただきたい。

・合わせて読みたい→母親が息子の性器をペンチで… 残酷な監禁事件に衝撃走る

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)