児童の卒業文集の原稿を捏造 「教諭の言い訳」に呆れの声続出

小学校教諭が卒業アルバムを「改ざん」していた。その理由とは…

話題

2019/07/26 07:40

勉強する少年
(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

児童の夢がつまった卒業文集を教諭が「改ざん」したことが発覚。その実態の探るべく、しらべぇ取材班が関係各所を直撃。



 

■原稿を紛失した結果…

香川県三豊市の小学校の教諭(29)が、男子児童の書いた卒業文集の原稿を編集する際に紛失。これを隠そうとして別の児童の原稿を一部書き換え、この児童の原稿として文集に掲載していたことが分かり、戒告の処分を受けた。

原稿には、児童が20代になった自分に向け、将来になりたい職業などを150字程度で書かれていた。教諭は児童から聞いた職業を覚えていて、同じ職業を書いた別の男子児童の原稿をコピー。

名前や年齢、文末の表現などを書き換え、紛失した児童のものとしてアルバムの印刷業者に渡した。


関連記事:「相談と言われてしまうと児童相談所は動けない」は本当? 厚労省や自治体の見解は…

 

■児童から指摘されるも…

文集は同7月に配布され、原稿を紛失された児童らから指摘されたが、「そうだったかな」などとごまかし、対応しなかった。今年2月、保護者の一人から学校に連絡があり発覚。教諭は県教委に対し、「紛失がばれたら大変だと思った」などと話しているという。

次ページ
■公文書にあたる?