KAT-TUN上田竜也、後輩にガチ注意 「愛情表現の角度が違う」

『VS嵐』にて、KAT-TUNの上田竜也がSexyZoneの菊池風磨にガチ注意していることが明かされた。

ジャニーズ事務所

25日放送のバラエティー番組『VS嵐』(フジテレビ系)にて、KAT-TUNの上田竜也がSexyZoneの菊池風磨にガチ注意していることが発覚。ファンから爆笑する声があがっている。


 

■愛情表現の角度が違う

嵐の櫻井翔を尊敬するメンバーで構成された「兄貴会」。上田、NEWSの増田貴久、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔と千賀健永、ジャニーズWESTの中間淳太、そして菊池という顔ぶれだ。

櫻井は「上田くんの僕に対する愛情表現の角度が違う」と、その日の収録に参加していなかった上田について話し始める。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

 

■上田、菊池にガチ注意

兄貴会メンバーの菊池は櫻井に弟のような接し方をするらしく、「ちょっと兄貴、何言ってんすか~」とイジるような言い方をすることがあるのだという。するとその際には、上田が「お前、兄貴に何言ってんだ」と真剣なトーンで注意すると明かされた。

そんな上田は番組内の別コーナー「BABA嵐」に出演。櫻井とババ抜きで対決すると、「兄貴に一抜けしてもらいたい」と、自らを犠牲に敗北するという忠誠を見せていた。

次ページ
■ガチ注意エピソードにファン爆笑

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ