不倫を水際で阻止した女性 「モヤモヤが晴れない」主張に同情の声も

夫の不倫を寸前のところで阻止した女性。しかし、気持ちは晴れず、逆に辛い状況に…。

男女

2019/07/27 07:40

女
(liza5450/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

パートナーの浮気は、心に大きな傷を残すもの。だが、未遂で防いだ場合も、まったくのノーダメージとはいかないようだ。

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。


 

■不倫を水際で阻止

投稿者の女性は今から1年前、夫の不倫を未遂の状態で防いだことがあるという。発覚した理由は夫のスマホを見たことで、そこには「ついにデートできるね。初めてのデートでお泊まりは緊張しちゃう」とのLINEの文言があった。

問い詰めた結果、行為という意味での不倫は阻止したものの、だからと言って気持ちがスッキリするわけではなく、「発覚して1年以上経ちますが、ふとした時に思い出して辛いです」「未遂なだけまだよかった、とも思いますがモヤモヤが晴れません」と綴る。


関連記事:ヒドすぎる! 夫の不倫を義両親に伝えた時にされた最悪行動3選

 

■離婚を考えない理由は…

あまりに気持ちが晴れなかったのか、投稿者は不倫阻止後、無料の法律相談に電話。しかし、「肉体関係があった証拠がないと、旦那さんからも相手の女性からも慰謝料取れませんよ」と言われ、「だったら私が夫と別れても向こうはノーダメージなんだな」と思い、別れないままでいるという。

つまり、離婚するなら夫、不倫しかけた相手女性にダメージを負わせたい……と考えたようだ。

次ページ
■「不倫には変わりない」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ