毎月29日の肉の日に… ちゃんと肉を食べている人の割合とは

毎月29日は、「肉の日」とアピールしている店が多い。肉の日に肉を食べている人は、どれくらいいるのだろうか。

グルメ

2019/07/28 09:00


 

■栄養バランス重視の献立なので

栄養バランスを見ながら献立を決めているので、肉の日には釣られないとの意見も。

「主婦なので、料理を考えるのは毎日のこと。前日の献立とかとのバランスでメニューを考えているから、どんなに肉の日だからとアピールされても、そこで気持ちが変わることはないかな」(30代・女性)


関連記事:高橋真麻、オシャレな焼肉店は苦手 その理由に共感の声続出

 

■焼肉好きの夫が…

焼肉が好きな人が、肉の日に乗っかりたいと思うのは無理もない。

「うちの夫はとにかく焼肉が好きで、『今日は肉の日だから、みんなで行こうよ』とか誘ってくる。『肉の日』っていうのはただの口実で、とにかく焼肉が食べたいだけ。


その証拠に『今週は仕事をがんばったから、家で焼肉してくれないかな?』とか、ことあるごとにすべてを焼肉に結びつけてくる」(40代・女性)


多くの店舗が肉の日をアピールしているが、それに乗っかる人はまだまだ少ない。今後、肉の日は、さらに浸透するのだろうか。

・合わせて読みたい→GACKT、焼肉店で“致死量”の食事 「すごいわ…」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)