空港で親が目を離したすきに2歳児が… 思わぬモノに乗り込み骨折

幼い子のアクシデントは、ほとんどが大人の目を盗んだ一瞬の隙に起きている

社会

2019/07/28 06:00

空港赤ちゃん
(yaoinlove/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いよいよ全国的に夏の行楽シーズンがピーク期に入った。大人たちが気をつけるべきは、とにかく幼い子供たちから目を離さないこと。旅行においては、時にこんなことも起きてしまうからだ。


 

■2歳の男の子は好奇心に勝てず

米国ジョージア州アトランタにあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港で、スピリット航空(米LCC)のフライトについて母親がセルフチェックインを行なっていた中、2歳の男児がこっそりと危険なモノに乗り込み、負傷するという事故が発生した。

男児が強い好奇心とともに乗り込んでしまったのは、機内預け入れのスーツケースなどが運ばれていくベルトコンベア。

誰かのスーツケースに重なるようにして乗っている息子に母親が気づいて追いかけたが、男児は吸い込まれるかのように奥に消えてしまったという。


関連記事:あらぬ場所から飛行機に乗り込もうとした客 「この発想はなかった」と失笑

 

■X線検査装置も通過

複数のスーツケースにはさまれながら、男児は流れに沿って米運輸保安局(TSA)の職員が監視するX線によるインライン検査装置へ。

そこで「人間の形をした生き物」が映っていることに気づき、男性職員があわてて男児を抱き上げた。ベルトコンベアに乗り込んでから約5分間が経過していたという。

男児が乗り込んだ当時、そのベルトコンベアの付近にスタッフは配備されておらず、このようなアクシデントが二度と起きないよう、スピリット航空、TSA、空港管理当局が一丸となって対策を進めていく方針だ。

次ページ
■危険すぎたベルトコンベアの奥

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ