身障者に襲い掛かる大型犬を爆笑しながら録画した飼い主 「恥を知れ」と炎上

この飼い主が大型犬を飼う目的は、いったい何だったのか…

社会

2019/07/28 06:15

猛犬
(YuriyGreen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

犬を飼ったのは、まさかイタズラ動画の投稿で一発当てようなどという不謹慎な目的があったから…? そんなことを疑いたくなるような事件が中国で起きた。


 

■恐怖のあまり泣き叫ぶ身障者

中国で今、1本の動画がネチズンたちを「投稿者は最低の人間だ」「恥を知れ」と炎上させて話題になっている。

山西省の晋中市霊石県で11日夜に撮影されたその動画。リードをつけていないゴールデンレトリバーが、見ず知らずの身体障害者の男性に襲い掛かり、脚に絡まりついてマウンティングしているものであった。

男性が悲鳴をあげているにもかかわらず、飼い主は爆笑するのみ。おまけに、その様子をスマホで録画してソーシャルメディアに投稿するという性悪さであった。


関連記事:周囲は恐怖…リードをつけないで犬を散歩する飼い主の言い分

 

■男性の父親も足首を噛まれる

男性の脚にしがみついて交尾のように懸命に腰を振る犬と、恐怖でパニック状態の身障者の男性。公開された動画からは、飼い主の仲間と思われる男が爆笑している様子も伝わってくる。

その危険な事態を打開し、身障者の男性を救ったのは彼の父親だった。だが、犬と息子の間に割って入ったところ犬に足首を噛まれたという。

中国の複数のニュースメディアが今、真っ赤に腫れあがったその傷口の写真、そして男性の身障者手帳を、一部個人情報をボカしたうえで公開している。

次ページ
■相談を受け地元警察も動き出す

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ