不審者の被害に苦しむ女子高生たち 被害内容の告発ツイートが話題に

大阪の女子高で起きている深刻な事態とは…

オトナ

2019/07/29 05:15

女子高生
(wxin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

千葉県警は、2018年度中の不審者情報の分析結果を発表している。行為別では「声かけ」が最も多く、全体の約35パーセントを占めており、車両誘い込みの声掛けも含めると全体の約4割を占めているという。

次いで「つきまとい」「露出」の被害が多くなっているそう。そんな中、大阪のある女子高生の告発ツイートが話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、この女子高生本人から詳細を聞いた。


 

■酷い被害内容の数々

この生徒が高校に入学したときに、すでにこのような被害が発生していたという。プールの授業がなく、「なぜないのか」先輩に聞いたところ、ツイート内容が原因だと聞かされた。

またこの生徒は、学校説明会のときに文化祭があると聞いていた。しかし実際にはなくなっていたので聞いたところ、「不審者が原因でなくなった」と言われたという。


関連記事:中3女子を車で誘拐した男が恐怖の要求 「下半身を触って」

 

■被害の実態

生徒によると、被害にあっている生徒は約7人で、次のようなことが行われているという。

①無断で写真を撮られる握手を強要される


②露出狂にあう


③自慰をみせられる


④校舎内にはいられる


⑤露出狂に性器を触らせられるなど


また、部活動の大会のあとに「写真とろうよ」「握手してくれる?」と話しかけてくる男性が毎年でているそうだ。

次ページ
■犯人像は…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ