『情熱大陸』八村塁に独占密着 バスケの経験年数に衝撃走る

『情熱大陸』(TBS系)では、NBAプレーヤー・八村塁に密着した。

八村塁

28日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、NBAプレーヤーの八村塁に独占密着。八村は、アメリカプロバスケットボール「NBA」のドラフトで、日本人初の1巡目指名を受けた選手だ。

恵まれたフィジカルと類まれな才能で、全米でも高く評価されている八村。そんな八村に密着する中で、驚きの新事実が明らかになった。


 

■かつては野球少年だった

ベナン人の父と日本人の母を持つ八村は富山県で生まれ育ち、かつては野球少年だったことがある。当時の八村は体格に恵まれ、剛速球を投げたのだという。

しかし、バスケットボールと出会ったことから、中学生で八村の人生が変わった。瞬く間に才能は開花し、高校では全国大会3連覇を成し遂げている。


関連記事:八村塁選手、お気に入りの富山弁は「ちんちんかいかい」!? その意味は…

 

■英語が苦手だったことも

外国人を親に持つ八村だが、英語は苦手だったという。しかし、苦手な英語もバスケのために勉強し、アメリカの大学に進んだ。留学当初は言葉の壁でコミュニケーションがうまく取れず、試合に出場する機会を十分に与えられなかったという。

しかし、英語にも慣れた2年目には、存分に実力を発揮し、いつの間にかチームのエースにもなっていた。なお、3年目には数々のタイトルを獲得したという。


■たった8年でNBAに

バスケットボールを始めてから8年になることが明らかになった八村。視聴者からは、始めてからたった8年でNBAで活躍しているという事実について、驚きの声が続出した。

ここ最近で人々の注目を集めている八村だが、衝撃の事実が明らかになったことで、より一層ファンを増やしそうだ。

・合わせて読みたい→張本勲氏、NBAドラ1八村塁選手に「お金が入って親が嬉しい」と発言し物議 批判の声も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子


あなたにオススメ