小籔千豊、吉本騒動にあえて沈黙だった理由 「泣きそう」と称賛の声

『ノンストップ!』吉本興業の一連騒動について、小籔千豊が言及。「怖かった」と複雑な思いを明かした。

エンタメ

2019/07/30 17:00

小籔千豊

30日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にタレントの小籔千豊が出演。闇営業をめぐる吉本興業の一連の騒動についてコメントした。



 

■「何も言わへんの?」と言われる

加藤浩次をはじめ、吉本興業の現体制に不満をあらわにする芸人が少なくない今回の騒動。ズバズバと切り込んでいく毒舌コメントに定評がある小籔だが、この問題については「おとなしい」という印象を抱く人もいるのでは。

意見を求められた小籔は、「ビッグ番組のMCを務める大先輩とか、ツイッターでコメントしてる若手とか色々おると思うけど」と切り出し、騒動を受けて「おい、お前。何も言わへんの? なんか言わんかい」と言ってくる人がいると明かす。


関連記事:小籔千豊、“東京の娘”との2ショット公開 「結婚式は必ず行くで」

 

■先輩に怒られるかもと恐怖

その上で、東京で売れているタレントや漫才師の場合は事務所を移籍しても生活できるとしたうえで、「僕らはNGKという劇場があって、音響さん、照明さん、小道具さん、衣装さん、靴屋さんが協力してできているお笑い」だとコメント。

そこで、「ええかっこしたい」という気持ちからテレビ番組やツイッターで意見を言って吉本新喜劇に影響が出た場合、「一の介兄さん(島田一の介)、あき恵姉さん(浅香あき恵)とか、移籍できなさそうなベテランに、その人たちに胸ぐらつかまれて、『おい、お前が何か変なこと言うたから、俺が飯食われへんなったやんけどうすんねん』とか、めだかさん(池乃めだか)に、『お前が変なこと言ったから新喜劇にヒビが入ったやんけ。どうするんじゃ!』と言われるのが怖かった」と座長としての複雑な思いを語る。

また「僕が死んだときに地獄に行って…」とすでに亡くなった先輩たちの名前を挙げた小籔は、「僕が死んだときに『お前がわけわからないこと言うたから新喜劇が潰れたやんけコラ!』と言われたら一生後悔ですので…」と語り、七夕の短冊には「下の子ら(若手芸人)が早く復帰できますように」と書いたことを明かした。

次ページ
■新喜劇愛に「泣きそう」の声も