タピオカミルクティーの「角砂糖20個分」が話題 他の飲料との差は…

タピオカミルクティーの意外な落とし穴とは…

話題

2019/07/30 10:00

タピオカ選手権

世界的に大流行中のタピオカ。インスタ映えするなどの理由で女子高生にも大人気だ。そんな中、ある番組で取りあげられたネタがツイッターでトレンド入りした。実際にところはどうなのか。しらべぇ取材班も関係各所を探った。



 

■「角砂糖20個分」

28日朝の『とくだね』(フジテレビ系)で、タピオカミルクティーに含まれる砂糖の量が取りあげられた。タイでは角砂糖約25個分、日本のA店では約20個分、B店では約23個分、また一般的な炭酸飲料が約20個分という内容だった。

では、清涼飲料などには実際にどれくらいの糖分が含まれているのか。

東京都の高岡内科クリニックの調べ(2012年8月現在)によると、コーラが56.5グラム(角砂糖約16個分)、サイダーが52.5グラム(角砂糖約15個分)、スポーツ飲料が31.0グラム(角砂糖約9個分)となっている。なお角砂糖は1個3.5グラムで計算している。


関連記事:ファミマの杏仁豆腐ドリンク 入っている「タピオカの正体」に驚き

 

■砂糖の一日あたりの推奨量は!?

世界保健機関(WHO)は2015年3月に肥満や虫歯を予防するために、砂糖などの糖類を一日に摂取するカロリーの5%未満に抑えるべきだと発表している。

平均的な成人で25グラム(ティースプーン6杯分)程度。WHOディレクターのフランチェスコ・ブランカ博士は、インドやアフリカでも所得水準が高まるにつれて「加工食品を食べる機会が増え、糖類の摂取も膨らむ傾向がある」と指摘。

地方よりも都市部の方が摂取量が多く、国によっては子供の摂取量が成人を大きく上回る。WHOは大さじ1杯のケチャップにも4グラムの糖類が含まれることなどを紹介し、一般的に「甘いもの」とみられない食品にも砂糖が多く加えられていると警告している。


■日本医師会の見解は…

日本医師会は、糖分はお菓子やケーキ、果物だけでなく、コメやイモなどの穀類にも含まれている。

としたうえで、身体のエネルギー源になるので本来は必要なものだが、とり過ぎると皮下脂肪や内臓脂肪としてたくわえられ、「オーバーウエイト」になってしまう。「糖分はほどほどに」とアドバイスした。

・合わせて読みたい→レストランでのアレルゲン誤表記で蕁麻疹に? 県は「事実関係を調査する」

(文/しらべぇ編集部・おのっち