天才ちびっこユーチューバー 8億7000万円のビルを家族にプレゼント

6歳の少女、そして家族は動画投稿で稼ぐ気マンマンだ。

2019/07/31 09:40


 

■「上には上がいる」

一家の快挙には驚くばかりだが、アメリカでは小学生以下のユーチューバーが多数活躍しており、ますます「ユーチューバーになりたい!」と夢見る少年少女たちの数を増やしている。

たとえば現在7歳の男の子は、おもちゃと遊ぶ無邪気な表情が売りの『Ryan ToysReview』で4歳にしてブレーク。8億回再生という驚きの記録を打ち立て、6歳で1,100万ドル(日本円にして12億円弱)の年収を上げるようになった。

『フォーブス』誌の最も稼ぐユーチューバーのベスト10に、この男の子はもちろんランクイン。ユーチューバーの世界は老若男女にあくまでも公平だと話題になった。

さらに昨年の今頃、この男の子は米大手スーパーマーケットとCM契約を交わし、ピコ太郎との共演は日本のメディアでも紹介された。


関連記事:交際女性の顔踏みつけたYouTuberマホト 活動再開日はバレンタインデー

 

■動画で稼ぐのは楽なこと?

ただし人気ユーチューバーに対しては、「好きなことをして楽に大金を稼いでいる」という批判の声は多い。だが動画制作に関しては、チャンネルが人気になればなるほど、撮影から編集まで作業はさらに真剣になるといわれている。

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に「ユーチューバーについて」の調査を実施したところ、「あれだけの動画を作るには労力がかかる」と感じている人も多いことが判明した。

手を抜いた稚拙なものを出せば、すぐにレビューで叩かれファンは離れていく。順位の逆転を狙うライバルもゴマンといる。ユーチューバーとは想像以上に厳しく、ストレスの多い世界なのだろう。

・合わせて読みたい→人気ユーチューバーねこあやの年収がすごすぎる 「寝ててもお金が入る」

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日 
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

動画オモチャ撮影ソウルYouTubeユーチューバー韓国レビュー編集両親
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング