19歳の女がレイプ被害届けも… ウソと判明で容疑者は憔悴

「かまってちゃん」「困ったちゃん」で済まされる話ではない。

オトナ

2019/07/31 07:00

Depressed young woman.

被害に泣く「悲劇のヒロイン」をやたらと演じたがる女性たち。だがここまできたら、それはズバリ犯罪。自分こそが周囲に悲劇を振りまく加害者だと自覚するべきだろう。


 

■「12名の男が集団で…」と女性

地中海に浮かぶキプロス島の、東の沿岸部に位置する有名リゾート地のアギアナパ(アヤナパ)。

そこで7月17日、イギリス国籍の19歳の女性が警察に現れ、パンボス・ナパ・ロックス(Pambos Napa Rocks)というホテルで若い男たちに集団で性的暴行を受けたと被害を訴え出た。

これにより、警察は現場付近で目撃されていた15歳から18歳までのイスラエル国籍の12名を事件の容疑者と特定。ひとりずつ警察に連行すると、厳しい事情聴取を行なった。

ところが容疑者たちは一向に罪を認めず、話の内容が徐々に噛み合わなくなってきた女は、ある時点で被害届そのものが狂言であったことを認めたという。


関連記事:ネットで男2人に集団強姦を依頼した女 衝撃の理由に「病んでる」「意味わからん」

 

■虚偽告訴罪で女の起訴も

「絶対にやっていない」と数日にわたり無実を訴えるも、すっかり憔悴しきっていたという若い容疑者たち。容疑がやっと晴れ、釈放が告げられると、警察署前に迎えにきた家族や友人と涙で、あるいは笑顔で抱き合う姿が報じられた。

被害のでっち上げで誰かを陥れようとしたり、嘘を告げ警察の捜査を混乱させると「虚偽告訴罪」で起訴されることがある。女の心を支配していたのは悪意か復讐心か、はたまた精神面での問題か。今月末、女はキプロスの裁判所に出廷する予定だ。

次ページ
■悪質な悲劇のヒロイン願望

あなたにオススメ