高橋みなみ、サングラスでお祭りへ 「逆に目立つわ」と総ツッコミ

夏といえばお祭りの季節。変装をしてでもお祭りに参加する高橋みなみだが…。

芸能人と抜群の相性を誇るのがサングラス。おもむろに装着してセレブ感を醸し出したり、顔を隠してお忍びで行動するときにも役立つ優れ物だ。

しかし使い所を誤ると、悪目立ちしてしまうケースも珍しくない。


 

■サングラスでお祭りへ

元AKB48・高橋みなみは30日に自身のツイッターを更新。「週末代々木公園の台湾フェスタ行ってきた」「タピオカの行列のすごさに心折れかけたけど夏っぽくて楽しかった」と投稿している。

「友人がかけていたサングラスがずば抜けたデザインだったのでかけさせてもらいました」と綴られたツイートには、ド派手なサングラスをかけた高橋の写真が添付されていた。

着用しているのは顔を半分覆い隠すサイズ感で、赤紫色のレンズをしたサングラス。紫外線はかなりカットできそうだが、「目立たないようにする」という目的では全く機能しなさそうなデザインだ。

関連記事:【日本人とサングラス】人はどのようにしてサングラスを着用するようになるのか

 

■思わずファンもツッコミ

異常なまでの存在感を放ったサングラスを見て、ファンからは…

「これ、本当に変装目的でつけてるの? 逆に目立ちまくるだろ(笑)」


「すごい…。中生代のトンボかと思った…」


「逆にサングラスをつけたほうが、たかみな感出てて不思議だな」


「サングラスはサングラスでも、何故そのデザインをチョイスしてしまったのか」


などツッコミの声が続出している。


■サングラスのセンスに定評がある高橋

高橋のサングラス姿が話題になったのは今回が初めてではないようだ。

2015年にAKB48・峯岸みなみが「ノースリーブスの小嶋さんて人と、高橋さんて人の私服が芸能人すぎる」と、画像付きのツイートを投稿。写真には柄で覆われたフレームのサングラスをつける高橋の姿が確認できた。

高橋本人も後から自分を見直して疑問を感じたのか、峯岸のつぶやきに対し「何だろ…。私のサングラス」と意味深なツイートを発している。

夏は日差しが強くなってくるのでサングラスが活躍する季節。どんなサングラスを使っているかに注目して芸能人のSNS投稿をチェックすると、新たな発見があるかもしれない。

・合わせて読みたい→本郷奏多、”全力変装”でディズニーシーへ 「逆に目立つ」「かわいいのに怖い」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ


あなたにオススメ