みやぞん、宮下草薙・草薙とのサシ飲み姿に賛否 「みやぞんの闇を見た」

『ロンドンハーツ』でANZEN漫才・みやぞんと宮下草薙・草薙がサシ飲みをした結果…

エンタメ

2019/07/31 15:20

みやぞん

30日深夜の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)は、普段絡むことのない2人だけで酒を酌み交わす様子をモニタリングする『もしもこんな2人を飲ませたら…』を放送。

ANZEN漫才・みやぞんと宮下草薙・草薙航基は、初対面で1対1のサシ飲みとなったのだが、みやぞんの草薙への対応に視聴者から賛否が起こる結果となった。



 

◼正真正銘の初対面

宮下草薙、草薙航基
(画像は宮下兼史鷹 Twitterのスクリーンショット)

芸歴14年の天然キャラ・みやぞんと、芸歴6年でオドオドしたネガティブキャラの草薙。これまで共演経験はない、正真正銘の初対面となる。

草薙の待つ個室に入室したみやぞんは「どっかで会いましたもんね?」と声をかけるが、草薙は「会ってない…」と否定。

すぐさま「会ってないですよね」と意見を翻したみやぞんだったが、草薙が芸人だと判明すると「芸人やってる草薙さん。お久しぶりです」と、なぜか初対面じゃない雰囲気を醸し出した。


関連記事:宮下草薙・宮下、相方の草薙に恐怖覚えた夜を語る 「この人は本物なんだ…」

 

◼場は盛り上がらず…

改めて挨拶する草薙に、「知ってます。知っていると言うか、本当に初対面じゃない」と謎の主張を繰り返すみやぞんだったが、「宮下さんは…」とコンビ名の宮下草薙を名前と勘違い、その後も草薙という名前を覚えられず、何度も間違えてしまう。

お互い気を使うタイプのため譲り合い、食事を決めるのも一苦労。無言の時間も多く、場は全く盛り上がらない。そこから「悩みとかあります?」とカウンセリングする展開になっていく。

「悩みを打ち明けてもらっていい」と草薙に語りかけたみやぞんだが、答えに窮する草薙を見てすぐに小声で「ちょっと無理だな」と本音を漏らしてしまう。

次ページ
◼本音ダダ漏れのみやぞん