宮本亜門、ハイテンションな姿を披露も「まだ人間になれてない」

「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト 「絵になる県、うどん県」プロモーション映像プレス発表会に要潤と宮本亜門が登場。

集合写真

31日「うどん県。それだけじゃない香川県」プロジェクト 「絵になる県、うどん県」プロモーション映像プレス発表会が開かれ、ゲストとして俳優の要潤と演出家の宮本亜門が登場。

香川県の良さをアピールするとともに、術後の状況などについて語った。


画像をもっと見る

 

■元気になって帰ってきました!

5月22日に前立腺がんの手術を受けたばかりの宮本だが、プロモーションムービー内では大はしゃぎする姿が見られる。

宮本亜門

手術後すぐの撮影だったそうで、「1日に全部回れるか不安もあったけれど、アートを巡ってるうちに興奮してきちゃって。最後、上着を脱いじゃった。チャージして、元気になって帰ってきました」と明かす。

あまりにテンションの高い宮本に、要も思わず「完全にドキュメンタリー映像でしたね」と笑うほど。


関連記事:石田ゆり子、「異様に早い体質」を告白 近影が宮本浩次似と話題

 

■まだ人間になれてない

それでも、まだ本調子とは言えないそうで「手術後のほうが大変だっていうのが正直な印象。まだ人間になれてない…もうちょっとかな、人間は」と独特に表現する。

宮本亜門

「痛みがないと言ったら嘘ですね。焦らずに治していこうと思います」といい、「なんの不安もありません、治るだけの喜びにあふれているんで」と微笑む。

次ページ
■ヤドンに嫉妬しまくり!?

この記事の画像(15枚)