最近の若者「スマホの普及で物欲がない」 『ホンマでっかTV』の特集が物議

31日放送の『ホンマでっかTV』で若者が物欲がないために買い物をしない、という放送があった。

社会

2019/08/01 19:20

お金
( Torsakarin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

7月31日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、若者の金銭事情、お金の使い方が紹介された。

専門家が「お金を出して欲しい物がある20代男女は3割以下」など、昨今の若者は物欲がない、というもので視聴者からは疑問の声があがっている。



 

■「月に1万円ですよ」

この日、出演した菅田将暉は「『ネプリーグ』で洋服に月1万円以上使う20・30代は何%いるか、というクイズがあって、ほぼ100かと思って90%くらいと答えたら2割だった」ということがあったと振り返る。

「月に1万円ですよ」と同世代の菅田は驚きを隠せなかった。


関連記事:給料日が来ると贅沢する? 「使えるお金が増えるわけではないのに」と批判も

 

■「スマホの脳過労で買う気力が減少」

続けて、マーケティングの評論家は「スマホの普及」「スマホの脳過労」を、服を買わないことについて考えられる要因として挙げる。評論家によると、スマホを見過ぎたことにより情報で満足し、また脳過労で買う気力が減少しているという。

「お金を出してほしいものがある20代男女は3割以下」「1年以上服全く買わない女性は2割、男性も3割」という結果があるのだとか。

次ページ
■視聴者からは疑問の声

この記事の画像(1枚)