霜降り・せいやの折り紙が猟奇的すぎる ナダルもドン引き「折らせてゴメン」

『霜降りバラエティ』で霜降り明星・せいやが、苦手な折り紙に挑戦した結果…

霜降り明星・せいや

人には得手不得手がある。1日深夜放送『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)で、霜降り明星・せいやにとって「折り紙」はあまりにも不得手だと判明した。


 

◼せいやは不器用

この日の放送は、霜降りと同期で同番組のご意見番も務めるコロコロチキンペッパーズ・ナダルが登場し、せいやと「どっちが上かはっきりさせる」ため対決する展開に。

お互いが「勝てる」と思う対決競技を提案し勝敗を決していくなか、ナダルの提案した折り紙対決を「僕が苦手なのを書いてきたのであえてそれでいく」と言いながらせいやは選択。

「これまでに一度も折り紙を完成させたことがない」せいや。紙を折るのが苦手とのことで、「トイレットペーパーを三角に折れず、手でビリビリに破いて三角にしていて清掃の仕事をクビになった」ほど不器用だと明かした。


関連記事:霜降り明星・せいや、初彼女は高3の時 「グッズを持ってもう一度…」

 

◼ナダルもドン引き

折り紙で飛行機を作る対決、ナダルは順調に飛行機を完成させた。

しかし、紙飛行機の折り方を知らないせいやは、紙を折ることすらできず、ただただ紙を触り続ける。なんとか二つ折りにしようとするが、端を合わせずに中途半端な位置で二つ折りにするなど、意味不明な紙の折り方を続けていく。

最終的に折るのではなく、指で紙をつまむ形で飛行機を作ることに決めたせいや。「こんなんやろ。見たことある」とひとりで興奮して作っていくが、見た目は「ギリギリ二等辺三角形」を形成しただけのただのボロボロの紙でしかない。

作業を見ていたナダルは「こんなんなると思わなかった。折り紙とか書いてゴメン。申し訳ないわ」とドン引き。相方の粗品も「本気?」「猟奇的やな」とその仕上がりに驚きを隠せなかった。

次ページ
◼視聴者にも衝撃

あなたにオススメ