「波のプール」造波装置が故障 あり得ない高波に襲われ44名が重軽傷

ウォーターパーク運営に何より欠かせない安全点検。体制は万全だったのか。

社会

2019/08/03 14:00

プール子供
(yaoinlove/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どこのプール、ウォーターパークも大繁盛というこの時期。警戒心もなく肌の露出が多い分、そこで起きる事故には深刻なものが多い。


 

■「津波級の破壊力」と報道

北朝鮮にも近い、中国・吉林省延辺朝鮮族自治州の龍井(ロンジン)市にある『Yulong Shuiyun Water Park』というウォーターパークから、恐ろしい事故の話題が伝えられた。

2015年のオープン以来、年間約50万人が利用していたというそのウォーターパークで先月28日、「波のプール」において造波装置に不具合が発生。あり得ない高波に襲われ、プールに入っていた44名が重軽傷を負った。

骨折した者も多く、中国の大手メディアはいずれもその波のパワーについて「津波のよう」と表現している。


関連記事:ウォータースライダーで恐怖の事故 女性が大量出血で救急搬送された理由

 

■骨折や流血のなかで救助を待つ

当時そのウォーターパークには数百名がおり、波のプールは大人と浮き輪を使った子供たちで大変賑わっていた。突然の高波にさらわれ、そのほとんどがプールの外に投げ出されたという。

波は高いばかりか強い破壊力を持っていた。直撃を受けた者は肋骨を折るなどしており、固い地面に体を強打した者においても骨折や打撲が確認され、血を流す者も少なくなかった。

ウォーターパークの場内には音楽が流れ、子供たちが上げる大きな歓声が響き渡っている。激しい波が発生したことに気づいた者は多くはなく、いきなり襲われたといっても過言ではない。現在このウォーターパークは営業を休止しており、事故の原因について詳しい調査が行われている。

次ページ
■恐ろしい事故も多いプール

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ