若者に増加傾向? 床屋・美容院に苦手意識を持った瞬間3選

日常生活に欠かせない床屋と美容院。苦手意識を持つ人は多い?

ライフ

2019/08/04 13:00

美容院
(bee32/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

髪が伸びてくると、多くの人がお世話になる床屋や美容院。自分で切るのも難しく、「できれば行きたくない…」と思いつつもしぶしぶ通っている人も多いのでは。


 

■床屋や美容院をどう思う?

実際のところ、床屋や美容院についてどう思っているのか。しらべぇ編集部では全国の10~60代の男女1,721名に調査を実施。

結果、「床屋や美容院が苦手」と答えた人は35.3%。苦手意識を持っている人が3人に1人いるのだ。


関連記事:男性の4割が美容院に行ったことがない? 床屋の「顔剃りサービス」を求めてか

 

■10代は苦手な人が多い

年代別で見るとはっきりとした傾向が出た。

10代の割合が高く、47.5%。そして30代も40.3%と他の世代と比較すると高めとなった。

一方中高年は割合が低い結果に。経験を重ね、美容院や床屋の雰囲気に慣れたということかも。

次ページ
■苦手意識を持った瞬間3選

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ