スリーサイズ不問に変わったミスコン常勝国 「複雑な理由」疑う声も

ミス・コンテストから「理想のスリーサイズ」の概念をなくそう…これは本音だろうか。

社会

2019/08/05 07:40

ミスコンテスト
(JadeThaiCatwalk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

有名ミス・コンテストに出場するとなれば、やはりスリーサイズの目標は「90・60・90」? それを手に入れるため、世界中の女性が厳しいダイエット、エクササイズ、そして美容整形を繰り返すとも言われてきたが…。



 

■ミスを外見で選ぶ時代は終わり

外見だけで美女ナンバーワンを選ぶ時代は去り、ご存じのとおり近年のミスコンは、「外見にもまして美しい内面を重視する」と審査の基準が変わってきている。

自分はどのような仕事に就き、ボランティア活動をし、人のため、世の中のためにどう役立とうと努力しているかをアピールできることが重要で、さらに質疑応答のコーナーでは頭の良さ、知識の豊富さ、柔軟な思考回路や温かいハートなどが求められている。

そんななか、世界一の美女を多数輩出してきたことで知られる南米のベネズエラで、ミスの審査基準に関して大きな変化があったようだ。


関連記事:瀧本美織、男装姿が凛々しすぎる 「『美男ですね』を思い出した」

 

■ミスコン常勝国が突然の変革

ベネズエラの大勢の美女たちが、ミス・ユニバースおよびミス・インターナショナルへの出場キップを競い合う、今年の「ミス」選考会が首都カラカスで行われた。

しかし最終選考に残った24名の「バスト・ウエスト・ヒップ」のスリーサイズが、今年から公開されないことを英国のメディア『INDEPENDENT』ほかが伝えている。

その理由について主催者側は、「90・60・90が理想という従来の概念に縛られることなく、出場者がそれぞれの外見や内面の美しさを存分に発揮してほしいから」と説明。

しかし今、国家崩壊の危機すら迫っているベネズエラは、正直なところミスコン開催どころではない。「スリーサイズは気にしない」といきなりハードルを下げたのには、それなりの理由があると見る向きも多いようだ。

次ページ
■美女たちは続々と国外へ

この記事の画像(1枚)