『有吉ゼミ』大食い女子大生、店に持ち込んだモノに衝撃 「すごいな…」

『有吉ゼミ』の大食い企画に、ギャル曽根も嫉妬するほどの超逸材が登場! 愛らしいルックスとギャップのありすぎる食べっぷりに、大反響が寄せられている

エンタメ

2019/08/06 16:00

上原わかな
(画像は上原わかな公式Twitterのスクリーンショット)

5日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に、大食い女子大生・上原わかなが出演。ギャル曽根との大接戦を繰り広げる中、彼女が食事中に披露した「大食いテクニック」が話題を呼んでいる。


 

■ギャル曽根も嫉妬する超逸材

番組のオーディションを勝ち抜いて出演権を獲得したという上原。同日の放送では、総重量4.2キロのラクサヌードルに挑戦し、開始10分で曽根を上回るハイペースで食べ進めていく。

父親が大学教授のお嬢様育ち、さらには元アイドルという華々しい経歴に、曽根は「大食いいる?」とツッコミ。上原は「負けず嫌いなので、大食いでも1番取れるように頑張ります」と切り返し、その後もデッドヒートを繰り広げた。


関連記事:ギャル曽根、大食い対決で若手芸人にまさかの敗北 有吉「時代が変わった」

 

■「はちみつ」を持ち込み

半分以上食べ進めたところで、上原は店から許可を得たうえでまさかの「はちみつ」を持ち込む。

「はちみつかけるの!?」とどよめきが起こると、「甘いの大好きで、ケーキとかも3ホールくらい食べるんです」と説明。たっぷりとはちみつをかけて、その後も快調に食べ進めていった。

その結果、曽根、ハナコ・岡部大に続き3番手で制限時間内に完食し、愛らしいルックスとはギャップのある驚異の食べっぷりを見せつけた。

次ページ
■「はちみつ投入」に驚きの声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ