各地で猛暑による死亡が相次ぐ 熱中症を予防するコツとは?

若い男性が日光浴中に熱中症で死亡 その予防法とは…

話題

2019/08/07 19:40

(PraewBlackWhile/iStock /Getty Images Plus/画像はイメージです)

総務省消防庁は6日、7月29日~8月4日の1週間における熱中症による救急搬送人数が1万8347人であることを発表。なお、消防庁が掌握している今年の累計人数は3万6425人となっている。今年の熱中症の実態を探るべく、しらべぇ取材班が関係各所を直撃した。


 

■庭で日光浴をしていたら…

愛知県の海部南部消防署によると、6日に女性から「息子が熱中症かもしれない」という119番通報が入った。

救急車と消防車が現場に駆けつけたところ、男性(28)が心肺停止で倒れていたという。救命措置をしながら市内の病院に運んだが、搬送後医師により死亡が確認された。死因は熱中症と見られる。

男性は庭で日光浴をするため、折りたたみ式のサマーベッドを敷き、横になっていたという。


関連記事:まだ5月なのに猛暑の予報が… 気象予報士にその異常ぶりと危険度を直撃

 

■エアコンが…

埼玉県では5日、日高市に住む女性から「82歳の母が意識がなくなり、呼吸が苦しそう」という119番が入った。飯能日高消防署から救急隊が出動したところ、エアコンが作動していない木造住宅の1階で、女性が意識不明の状態で倒れていたという。

病院に搬送後死亡が確認された。この女性も熱中症の疑いがあるとのことだ。

次ページ
■熱中症予防のポイント

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ