5億円のマンションを購入しに来た年配の女性 その服装に驚いた…

投機などの影響で、普通のマンションでも1億円を超えてしまう台湾の台北。そんななか、5億円のマンションを購入しにきた老婦人は…

エンタメ

2019/08/07 05:45

高層マンション
(krblokhin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

高級マンションを表現する言葉に「億ション」というものがある。文字通り、「1億円するマンション」のことだが、国によってはこの金額を出しても、ごく普通の物件しか購入できないこともある。

アイドルグループ・チェキッ娘に在籍していたことで知られ、現在は台湾で暮らしているタレント・嶋野蘭のブログが注目を集めている。


 

■3億円の高級マンションに落胆

この日、「4年後完成予定のマンションギャラリー」というタイトルでブログを更新した嶋野。2012年に台湾の男性と結婚し、現地で暮らしている彼女は現在、物件探しをしている様子。

以前、3億円の高級マンションを見学したところ、想像以上のショボさに夫婦揃って落胆したことを綴っていた彼女だが、今回は「4年後に建築予定の1億円物件」のマンションギャラリー(モデルルーム)を見に行くことに。


関連記事:3億円の超高級マンションを見学したら… 想像と違う展開に夫はガックリ

 

■3億円物件との違いは…

その結果、3億円の物件との差としては「高層マンションゆえ戸数が多い」「 プールはないものの、住民同士の触れ合いの場が多い」「屋上にバーベキューできる場所がある」「ベランダはキッチン裏だけ 」「デザインよりも生活感」「スペースに無駄がない」など、モデルルームの写真はないものの、さらに日本のごく一般的なマンションに近かった様子。

台湾、とくに台北は投資家による不動産投機の影響で、地価や不動産価格が高騰していることで知られており、中には30億円を超えるマンションも存在。都心のタワーマンションでは、1億円超えも当たり前になっている。

次ページ
■5億円の部屋を購入した老婦人は…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ