ぼったくり被害にあったアメリカ人、松屋で牛丼を食べて笑顔になる

ぼったくりで25万円とられたアメリカ人、松屋で笑顔になる

グルメ

2019/08/08 10:30

日本のウマい物を食べ尽くすため、米国テキサス州からやってきたアメリカ人のジョナサン。彼は日本を楽しみつつも25万円をぼったくられる被害に遭い、悲しいことに旅費がほぼ底を尽きてしまった。


 

■悲しみの中食べたい料理

「なあ、日本人はお金がなくて悲しい気分のときにどんな物を食べるんだい?」と聞かれたので、おふくろの味だと答えると…

「おふくろの味か…じゃあ俺は牛肉がいいんだけど、日本の牛肉は高いからな…安く食べられる場所はないか?」という質問が。


関連記事:ホームシックになったアメリカ人、日本の「民泊」で元気になる

 

■牛丼を食べに松屋へ

お金がないときの牛肉といえば、やはり牛丼。ということで、ジョナサンに牛丼をおごるためそこらへんにある松屋へ行くことにした。

彼におごったのは、なるべくたっぷり牛肉を食べてほしかったので『プレミアム牛めし』あたま大盛り(480円)。

次ページ
■気になる評価は…

この記事の画像(8枚)


あなたにオススメ