「俺は強盗犯だ」 銀行窓口に出向いた男の仰天ミスにFBIも失笑

知恵を絞ったのか、絞らなかったのか…。犯罪者のとんでもないミスが話題になっている。

社会

2019/08/08 09:00

ATM
(AdrianHancu/iStock/Getty Images Plus)

強盗を企てたものの、騒がれては困る。そう思った男が熟考した末にメモを持って銀行に向かったが、あるとんでもないミスをしていたことで呆気なく逮捕された。


 

■銀行強盗を企てた男

米オハイオ州クリーブランドの男(54)が、銀行強盗を企てた。

その際、この男は様々なシチュエーションを想定。なかでも銀行窓口で騒がれることを危惧し、窓口で働く人に「俺は強盗犯だ」と書いたメモをそっと手渡した上で、静かに金の用意をさせることを思いついた。


関連記事:「お金が欲しかった」 銀行職員が強盗目的で客の家に突入

 

■メモに致命的なミス

7月29日のこと、男は予定通り銀行に行きメモを職員に手渡した。

職員はメモを読み「裏にも何か書いてあるのでは」と考え確認したというが、そこに男の名前や住所など個人情報が印刷されていることに気付きビックリ。この男はうかつにも車両管理局からの書類の裏にメモを書き、それを銀行職員に手渡していたというのだ。

この職員は皮肉たっぷりに男の名を呼び「さあ、これを」とお金を差し出したというが、その後速やかに通報。当局が防犯映像をチェックし、書類に名を書かれた男と同一人物であることを確認したという。

次ページ
■FBIも驚きを隠せず