自分だけのキャラクターが作れる 『スター・ウォーズ』大展覧会がいよいよ開催

「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」が、いよいよ8日(木)より開始!

 

■見ているだけで時間が過ぎていく…

インタラクティブスペース以外にも、会場内にはおよそ200点もの貴重な展示品がずらり。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

これらはロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵される予定のため、日本で見られるのはこれが最後になるという。

目力強めなジャバ・ザ・ハットに目が奪われるし、

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

ヨーダの神々しさにも見とれてしまうし、

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

チューバッカのもふもふっぷりにも「ウォォォン」となってしまう。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

ほかにも人気キャラクターのコンセプトアートなど、ここでしかみられないものがたくさん。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ


関連記事:幼稚園児が選ぶ『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』好き・嫌いなキャラTOP3

 

■「ミレニアム・ファルコン」がすごすぎ

数ある展示の中でも、特にみんなが足を止め、写真を撮りまくっていたのが「ミレニアム・ファルコン」!

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

寄りで、引きで、一部分ドアップで…あらゆる角度から写真に収めたくなってしまう。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

隣に展示されている模型もやばい…。


■もちろんグッズも!

展示をじっくりたっぷりみた後は、思わず買いたくなってしまうグッズエリアが広がっている。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

Tシャツやポスターなど、ここでしか買えないオリジナルグッズもたくさん。

スター・ウォーズ アイデンティティーズ

金額を気にせず、大人買いしたくなるものばかり。

スターウォーズ好きなら、何時間でも過ごせてしまう「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」。12月の最新作公開前と後でまた違った楽しみ方ができそうだ。


【STAR WARS Identities: The Exhibition】
期間:2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
会場:天王洲 寺田倉庫 G1-5F
時間:10:00~19:00(入場は閉場の30分前まで)
休館日:9月9日、10月21日、11月18日、2020年1月1日~1月3日
料金:
前売 中学生以上3,200円 小学生以下2,000円 親子チケット10,000円
当日 中学生以上3,500円 小学生以下2,300円
※親子チケットは小学生以下1人以上含む家族4人

・合わせて読みたい→超泣けた! 『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』は間違いなく最高傑作

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(33枚)