遊園地でジェットコースターが脱線 乗客が救急搬送される事態に

日々の営業前の丁寧な点検作業に勝るものはない。怪しいと思ったら操業中止の決断を。

社会

2019/08/09 11:00

ジェットコースター
(kuri2000/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

テーマパークから伝えられる事故は悲惨なものばかり。幼い子供が犠牲になることも多く、運営者は日々の点検作業を怠らず、チェックも念には念を入れてほしいものだ。


 

■「移動式遊園地」で事故が

ブラジル・パラナ州のシアノルテで7月31日夜、ある遊園地のジェットコースターがカーブの一か所で脱線して落下し、複数の負傷者を出した。家族がすぐそばで撮影していたという動画も公開され、注目を集めている。

事故が起きたのは、子供向けの『ピネファリ・ワッキー・ワーム(Pinafari Wacky Worm)』と呼ばれる小型のジェットコースターで、当時は保護者も含めて10名の客を乗せていた。

遊園地は大きなフェスティバルに併設された小規模のもので、海外にはよくある、いわゆる「移動式遊園地」だという。


関連記事:遊園地で起きた事故に絶叫と悲鳴が響き渡る 過去にもたびたび発生している悲劇とは

 

■急カーブが続き大きな負荷が

ジェットコースターは最も低い位置のカーブで遠心力により脱線して落下し、3名の負傷者が救急搬送された。いずれも幸い命に別状はないというが、もっと高い位置で事故が起きていたら乗客10名全員の命を奪った可能性すらあった。

子供向けゆえ、そのタイプのジェットコースターは落ちる高低差やスピードよりも、乗客の体を左右に激しく振さぶる急なカーブを売りにしていることが多い。その分、レールやジェットコースターの車輪部分には予想以上の負荷がかかることが考えられる。

事故の調査において、運営者側は「日々の点検は欠かさなかった」と話しているものの、金属疲労などが起きていた可能性は否定できないようだ。

次ページ
■命を奪う絶叫マシン事故

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ