遊園地でジェットコースターが脱線 乗客が救急搬送される事態に

日々の営業前の丁寧な点検作業に勝るものはない。怪しいと思ったら操業中止の決断を。

社会

2019/08/09 11:00


 

■命を奪う絶叫マシン事故

ジェットコースターほか、スリル満点の絶叫マシンは遊園地の花形的な存在だ。だが一方で、悲惨な事故が起きる確率は圧倒的に高いと言わざるを得ない。海外で報じられた事故の数例を紹介してみたい。

・ジェットコースターの3車両がいっきに脱線。10人が救出され6人が病院に搬送されたが、10メートルを超える高さから落下した1両に乗っていた2人は、今なお深刻な容態につき入院中。(2018年6月 米国フロリダ州デイトナビーチで)


・「空飛ぶ円盤」のアームが折れ、客を乗せる円盤の形をした座席部分が支柱に激突した後、地面に落下。乗客31人のうち2人が死亡、29人が重軽傷を負う。(2018年7月 インド・アーメダバードで)


・360度の大胆な揺さぶりを売りとしていた「空飛ぶ円盤」のアームがちぎれ、客を乗せたまま7メートルほど下の地面に落下。乗客のうち19歳女性が死亡し、7名が重軽傷を負う。(2019年6月ウズベキスタンのジザフで)


関連記事:USJ、アトラクション「体重オーバーの人を選別する方法」がスゴすぎた

 

■マメな点検と安全確認あるのみ

こうした絶叫マシンの深刻な事故は、いつ何どき起きるか誰にも予測がつかない。私たち利用者は、管理者による真剣でマメな点検作業と速やかな部品交換に期待することしかできないのだろう。

ただし「乗客が気を付けてさえいれば」という死傷事故も時おり発生している。安全バー、シートベルトを正しく装着し、係員の指示にきちんと従うこと。これを守っていながら発生した事故と、守らずに発生した事故とでは補償内容がまるで異なる。このことだけは常に意識したいものだ。

・合わせて読みたい→客に襲われた女性Uber Taxiドライバー 運転中の車から決死の脱出劇

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

この記事の画像(1枚)