看護師が女子学生6人にわいせつで懲戒処分 病院は「刑事告発はしない」

看護師の卑劣な行為に非難殺到

オトナ

2019/08/09 06:00

(chachamal/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

最近、公務員によるわいせつ事案が続出してる。5日には千葉県企業局の室長が盗撮容疑で逮捕されたが、今度は病院局でわいせつ事案が発生した。その内容を探るべく、千葉県病院局を直撃。


 

■卒業生6人にわいせつ行為

千葉県病院局は7日、看護実習を受けた女子学生6人の尻を揉むなどのわいせつ行為をしたとして、県立病院の40代主任看護師の男性を同日付で減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表。

同局によると、主任看護師は3月8日、県内の看護専門学校の卒業謝恩会に招かれて出席。午前0時から3時頃まで卒業生や教員ら計19人で3次会のためにカラオケ店に行った。

その個室で、20~30代の卒業生6人に、尻を揉む、服を引っ張って胸をのぞく、手の指をなめるといったわいせつ行為をしたという。女性6人以外の卒業生4人はわいせつ行為を目撃していたが、教員2人は見ていなかった。

卒業生らは主任看護師の勤務先の県立病院で実習を受けたことがあり、専門学校の教員に被害を訴えて発覚した。


関連記事:静岡県の職員が下半身露出で二度目の逮捕 部長は「県民の信頼損なった」

 

■酒に酔っていた…

病院局の調査に対して主任看護師は「酒に酔ってはっきりと覚えていないが、卒業生が言っているのであればその通りだろう」と話しているという。

この看護師は問題発覚後に実習担当を外れたが、病院での勤務は続けている。卒業生は「後輩たちが同じ目に遭わないよう環境を改善するため、しっかり処分してほしい」と話しているという。

次ページ
■過去にも

この記事の画像(1枚)