「隣人に襲われた!」 血みどろの女が通報も意外な事実が判明

「こりゃ嘘だな」とすぐにばれそうなことを、平気でやってしまった女がいる。

社会

2019/08/09 07:20

アパート
(y-studio/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

「襲われたんです」という通報を受けてある女のアパートに向かった警官隊が目にしたのは、血だらけの女と血があちこちに飛び散ったおぞましい光景…。しかしその後の捜査で、思いもよらぬことが判明したという。



 

■血まみれの状態で通報した女

米ニューハンプシャー州で暮らすある女(20)が、現地時間8月5日の晩に「襲われたんです」と通報。すぐさま駆けつけた警官隊に対し、「隣人に激しい暴行を加えられました」と必死に主張したという。

女のアパート内は酷い状態で、クッションは床にちらばりガラスの皿も叩き割られていたという。


関連記事:80代老婆が暴走 遊んでいた子供たちにブチ切れたあげく警察とカーチェイスに

 

■女の言い分は…

驚く警官隊に対し、女は「隣人がドアを押し破り侵入してきたんです」「そして私をボコボコに殴り、引っかいたのです」などと語ったという。その言葉が事実であることを証明するかのように、居間、寝室、さらにはキッチンにも鮮血らしきものが大量に飛び散っていたとのこと。

女の目の周りには黒いアザができ鼻血も出ているように見えたといい、女は激しい暴行を受け怯えている様子だったという。

次ページ
■意外な事実が判明

この記事の画像(2枚)