「写ルンです」を使ったことある? レトロ人気で再ブレイクの傾向も

旅のおともにカバンに忍ばせていた人も少なくないはず!

ホビー

2019/08/11 08:20

写ルンです
(Dave & Les Jacobs/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今でこそ、デジタル写真が当たり前の時代だが、一昔前まではフィルムカメラが主流であり、特に使い捨てカメラ「写ルンです」は庶民の間で爆発的人気を博していた。

発売から20年経った今、「写ルンです」を使ったことがある人はどれくらいいるのだろうか。


 

■6割が使用経験あり

しらべぇ編集部は全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査した結果、全体の61.0%が「『写ルンです』を使ったことがある」と回答した。

写ルンです

じつに、2人に1人の割合が「写ルンです」に触れたことがあることが判明。なお、男性58.5%、女性63.3%とやや女性に割合が多いようだ。


関連記事:不便さがトレンド!昔のものが今流行ってるワケとは

 

■40代はユーザー多数?

さらに、男女年代別に見ていくと、すべての世代において、女性の割合が上回っており、もっとも割合が高いのは40代女性で82.2%。50代女性、30代女性が7割台で続いた。

写ルンです

若い世代はスマホ世代ということもあり、もっとも割合が低く男女ともに10代で3割を下回っていた。 使い捨てカメラ「写ルンです」が登場したのは1986年。

それまでは、重たいカメラにレンズ、フィルムが必要であった写真撮影を、誰もが気軽に手頃に楽しめる文化へと変えた商品と言える。

今ほど、デジタルカメラもスマホが普及していなかった30〜50代にとって「写ルンです」は様々な思い出を記録する大切なツールだったのだろう。


■リバイバルブームも!?

それでも、スマホ世代と言われている、10代男性においても約4人に1人の割合で触れたことがあるのは驚きである。昭和の終わりに一斉を風靡した「写ルンです」は、「シャルン」と呼び名を変えて若者たちの間でリバイバルブームしているようだ。

「レトロな感じが、おしゃれでかわいいい。なんか味がある」


「小さくて持ち運びが簡単。スマホじゃ残せない思い出がたくさん撮れて楽しい」


「現像するまで何が撮れているかわからないドキドキ感が楽しい。画像じゃなくて写真として残るのもなんかいい」


時代は令和に突入したが、今でも変わらず多くの人の手に渡り愛されているロングセラー商品「写ルンです」。新しいモノやサービスが生み出され発展し続けている昨今だが、時代が変わっても古き良き物や時代・文化を大切にする気持ちは忘れたくないものだ。

・合わせて読みたい→1日スマホを触らなくても平気? 「数時間でも無理」との悲鳴も

(文/しらべぇ編集部・桜花ななこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ