「いつまでダラダラ食べてんのよ!」 食の細い7歳女児を母親が殴り殺す

また一人、「シツケ」と称した親の暴力で幼い命が奪われてしまった。

社会

2019/08/12 14:00


 

■シツケと称し全身を鉄の棒で…

部屋が静かになったことから父親がそこに戻ってみると、全身を鉄棒で叩かれた娘が傷みで苦悶していた。母親はシツケと称したその暴行に鉄製の棒を使用。娘の全身に打撲の跡が見て取れたという。

その日の午後5時ごろに娘の体調が急変し、父親はすぐに病院へ連れていったが、娘は2時間ほど後に死亡。父親は今、妻が怖くて部屋から出て行ってしまったこと、妻に止められため、娘をすぐに病院に連れて行かなかったことなど、自分の弱さをひどく悔やんでいる。


関連記事:娘が殺された挙句冤罪を着せられた父親 まさかの結末に「やりきれない」

 

■ストレスを抱え込む母親たち

育児~子育ては親にとってじつに骨の折れる仕事だ。しらべぇ編集部が全国20〜60代の子供がいる男女685名を対象に調査したところ、全体の48.6%、そして女性が男性の2倍以上も「育児ストレスを感じたことがある」と回答している。
育児ストレス

この事件も、母親の「わが子を健康な体に育てなければ」という使命感や義務感が暴走して起きていた。母親が子供に暴力的になり、精神面が不安定になってきたら「育児ノイローゼ」を疑うべき。早い段階で周囲のフォローがなかったことが悔やまれる。

・合わせて読みたい→母の生命維持装置を切った女が逮捕される 「苦しむ姿を見たくなかった」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日 
対象:全国20代~60代の子供がいる男女685名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)