これぞ人の温かさ 「離陸が怖い」と震える96歳女性に隣の席の青年が…

親切な人を見るとこちらの心まで一気に清々しくなるから不思議だ。

社会

2019/08/12 14:30

飛行機・機内
(Farknot_Architect/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一期一会、袖触れ合うも多生の縁、という言葉がある日本。そしてアメリカには、善意や親切な行いを人から人へと送ることで世の中を良くしようという、『Pay it Forward』の精神がある。

今、全米の人々を「これぞ人の優しさ、温かさ」と感動させている、ちょっといい話が拡がっている。


 

■31万もの「いいね!」

Facebookの女性ユーザーが、2週間ほど前にある旅客機の機内で目にした光景だというその話。3枚の写真を添えて投稿されたストーリーは、人が本来持っている思いやりや優しさに満ちた、じつに温かいものだった。

すでに8万を超すシェア、31万もの「いいね!」、そして300件近い感動や感涙のコメントが確認されており、現代のアメリカの人々がいかにハートウォーミングな話題を愛し、そうした光景に飢えているかが伝わってくる。


関連記事:アテンションプリーズ!飛行機内の「女の園」でCAたちは何をしている?

 

■96歳の女性は恐怖のあまり…

サウスウエスト航空のフライトでサンディエゴからテネシー州のナッシュビルまで飛んだというその女性。

並びの座席には一人旅とみられる高齢の女性が座っており、怯えた声で隣に座る青年に話しかけていた。女性は96歳。誕生日の祝いのため生まれ故郷に戻るところで、飛行機に乗るのは15年ぶりだという。

「離陸が怖いんです。私を勇気づけてもらえますか?」と高齢女性。すると青年は彼女の手をぎゅっと握りしめた。

離陸の時も乱気流で揺れた時も、青年は「僕の腕にもたれかかって下さい」と優しく声をかけ、女性はその通り青年の腕に両腕でしがみつくことで恐怖を克服している様子だった。

次ページ
■親切な人々は意外にも多い

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ