炎上ユーチューバーたちの格闘技大会に警鐘 「後遺症が残るかも…」

レペゼン地球が開催した「炎上万博」に、シバターが真っ向から批判。

エンタメ

2019/08/13 14:30

8月8日、DJ集団・レペゼン地球の主催によって、「炎上万博」なる格闘技大会が開催された。これに対し、物申す系ユーチューバーとして知られるシバターが、私見を述べ、「正論すぎる」と注目を集めている。


 

■炎上ユーチューバー参加の格闘技大会

先月、自作自演のパワハラ騒動で大炎上してしまったレペゼン地球。メットライフドームでの公演が中止になるなど、活動を停止するかに思えたが、転んでもただでは起きず、そしてすぐに起き上がるのがユーチューバーという人々だ。

炎上から1ヶ月も経たないなか、「炎上者の炎上者による炎上者のための日本一望まれていない祭」として開催された炎上万博では、レペゼン地球のメンバーと、炎上経験のあるユーチューバーが1対1の格闘技で対戦し、大きな話題になった。


関連記事:シバター、炎上商法でガチ炎上のレペゼン地球に言及 「真面目に言うと…」

 

■運営体制にさまざまな問題が?

レペゼン地球のYouTubeチャンネルでは、試合の動画が続々とアップされているが、総合格闘家・プロレスラーとしての活動でも知られているシバターは、それらを見て「すごい危ない」と語る。

その理由は、「レフェリーが普段格闘技をさばいている人じゃない」「おそらくは素人」というもので、レフェリーのスキル・判断次第では「ひょっとしたら後遺症が残るかもしれないし、一生車椅子になることだってある」と危険を訴える。

また、素人同士の試合にも関わらず、禁止ルールが定められていなさそうなところや、リングドクターの姿が見えないことにも反応。極めて禁止だと主張する。

次ページ
■ジョーブログ・ジョーに厳しい指摘

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ