アメリカ人、初めて日本のフリーズドライ食品に挑戦 「宇宙食かと思ってた」

テキサス人にとってフリーズドライ食品は宇宙食?

グルメ

2019/08/14 10:30

日本のウマい物を食べ尽くしに、8月初旬に来日していたアメリカ人のジョナサン。

彼はとんかつやストロングゼロ、焼きとうもろこしなどさまざまなグルメを食べていたが、じつは来日して最初に食べたものは『フリーズドライ食品』だった。


 

■アマノフリーズドライステーション

ジョナサンがフリーズドライ食品と出会ったのは、成田空港に7月末まで期間限定出店していた、アマノフーズの『アマノフリーズドライステーション』。

ジョナサンが住んでいるテキサス州の地域ではフリーズドライ食品はあまり見かけることがないらしく、非常に珍しそうな目で商品を見ていた。


関連記事:4億の売上が15年で52億に!アマノフーズのフリーズドライは失敗の積み重ねだった

 

■クリームシチューがわからないジョナサン

「なあ、このクリームスープっぽいやつなに?」と聞かれたのでシチューだと答えると、テキサスにはクリームシチューがないらしく、かなり困惑していた。

困惑しつつも「どれか食べてみたいな!」と言ってくれたので、まずはジョナサンでも想像がつくビーフシチューを試食。通常はその場では作ってくれないのだが、取材ということで快くお店がOKしてくれた。

次ページ
■ビーフシチューを試食

この記事の画像(15枚)