藤原紀香、愛猫の旅立ちを報告 仕事に向うも「泣きすぎて目が…」

藤原紀香が、18年間一緒に過ごしてきた愛猫が、旅立ったことを報告。目を腫らしながらも、稽古に励むすがたに感嘆の声が

エンタメ

2019/08/14 13:30

藤原紀香

女優の藤原紀香(48)が、13日に自身のブログを更新。愛猫のマーシャが旅だったことを報告した。


 

■18歳の誕生日を迎えてすぐに…

藤原は「18歳の誕生日を迎えたばかりの0時51分、あなたは虹の橋を渡って、アイシャ兄ちゃんたちの待つ天国へ旅立ちました。 3日に一度は診てもらっていた獣医さんにも本当にお世話になりました」と、愛猫の旅立ちを報告。

ともに過ごした18年間の思い出を懐古し、「虹の橋を渡るときに寂しくないよう、ハートの便箋にいれた手紙を入れておいたので 読んでね。母は、お気に入りの高野山で買った御守りをマーシャに、と手につけていました」と、ハートの便箋が添えられ、お守りを付けたマーシャの前足の写真も掲載されている。


関連記事:藤原紀香、今まで言えなかった夫・愛之助との“事件”を告白 「夜中に…」

 

■「正直 私は、寂しいです」

続けて、「正直  私は、寂しいです」と今の気持ちを明かした藤原。

「まだまだ生きてくれる…勝手な思いだけど、そう願っていました。どんな命も終わりがくる、わかっているんだけどね、寂しくてなりません」「マーシャ、たくさんの愛をありがとう。あなたに癒されて、人生どんなに助けられたことか。感謝してもしきれないよ」と、愛猫への感謝の気持ちもつづっている。

現在、藤原は来月から始まる舞台『サザエさん』の稽古の真っ最中。「泣きすぎて目が腫れてる どんなに悲しくとも、稽古は続く。今日もいつも明るいサザエさん、頑張らなきゃね」と、悲しみを押し殺し、この日も稽古場へ向かった様子が記されている。

次ページ
■「涙が止まりません」「つらいのに…」

あなたにオススメ