ローランド、寄付活動を売名と揶揄され… 「キレッキレの返し」で対応

人のために動く寄付活動は立派な行為。「売名」と揶揄されてしまうケースもあるようで…。

エンタメ

2019/08/14 18:20


 

 

■寄付を報告するのは偽善?

日本では自然災害が起こりやすく、著名人がSNSなどを通して寄付活動の報告をするケースは決して珍しくない。だが「こっそりと行わない寄付は売名行為」という考えの人が少なからずいるようで、ネット上でしばしば論争が起こっている。

モデルの紗栄子は2016年に、熊本地震の義援金を贈ったことを報告。金額が明記された振込書の写真を添付し、多方面から注目を集めた。しかし「わざわざ用紙を写す必要はあるのか?」と指摘する声も上がっている。

関連記事:ローランドにEXITりんたろー。が「デートしたい」と悩み相談 驚きの解決案は…

 

■寄付活動を公表する是非

昨年、ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン)は自身の動画から西日本豪雨被災地への募金を呼びかける。

募金の方法を丁寧に解説し、「僕1人が100万円募金するよりも、今見てくださってる皆さんの100円のほうがずっとずっとすごいパワーを持ってます!」と力説していた。

著名人が寄付活動を公表すれば、寄付に興味を持つ人が増えていくのは事実。善意からの行為が、正しく評価されるような社会であってほしい。

・合わせて読みたい→小木博明「ユーチューバーって大体が売名」 発言の意図に反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ