その「茶色のシミ」は? 有名オンラインショップが奇抜なパンツ販売

人の印象を決める服装のセンス。たかがファッション、されどファッション、である。

社会

2019/08/15 08:40


 

■攻めてくる『ASOS』

この『ASOS』ブランドは、たびたび奇抜な商品を販売して人々をあっと言わせてきた。

今年5月には、ほとんど色気のない「招き猫」のブラジャーを30ポンドで販売し、仕事も私生活も恋も理不尽なことだらけとボヤく女性に、「このブラで幸運を招いて」と呼び掛けたが不評に終わった。

そして6月にはメンズのクロップド・トップ、チューブ・トップを販売して人々の度肝を抜いた。男子だって腹を出したい、どうせならセクシーにという発想から透け感を出すメッシュ地まで採用されたが、ヘソ周りの黒い毛が気持ち悪い、ビール腹など見たくもないという声が続出した。


関連記事:ブルゾンちえみ、“元気にならざるを得ない服”に驚きの声 「神々しい」

 

■服装で魅力が半減することも

ファッションセンスはその人の第一印象を決める大きな要因だ。しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,342名に、「顔は良くても服装のダサい異性は恋愛の対象外だと思うか」調査を実施。過半数が、センスが自分とは合わない相手に恋愛感情を抱くことは難しいと感じていることがわかる。

顔が良くても服装がダサい異性は恋愛対象外

奇抜なファッションもおそらく同じ。面白い話題を提供してはくれるが、評価するかというと「それはまた別」と感じる人が多いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→「ドムドムバーガー」初体験したら… ラインナップが奇抜すぎて最高

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日 
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)