病院から搬送されてきた棺の中身は… 乳児の遺体が行方不明

生まれて間もなく他界したかわいい赤ちゃん。両親の深い悲しみを病院側は理解しているのだろうか。

社会

2019/08/16 09:40

棺
(Liudmyla Malysheva/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人の「生き死に」があまりにも頻繁に起きている病院。それに慣れすぎ、つい「扱いが雑になってしまう」というスタッフもなかにはいるのだろうか。まさかの遺体紛失という話題が伝えられ、波紋を広げている。



 

■赤ちゃんを残し両親は先に帰宅

「なんと無責任な。人の命をなんだと思っているのか」という、あり得ない事件の話題がメキシコのチアパス州から伝えられた。

誕生してまだ数日という赤ちゃんが生命を脅かす合併症を発症し、オコシンゴという町のパレンケ総合病院(Palenque General Hospital)に緊急入院。治療の甲斐なく残念ながら死亡した。

様々な処置が必要なこともあり、赤ちゃんの遺体はのちほど棺に納められて自宅に搬送されると告げられた両親。悲しみに打ちひしがれながら、2人は先に自宅へと戻った。これがまさか我が子の姿を見る最後になるとは知らず…。


関連記事:両親や祖母らの壮絶リンチで子供が次々死亡 家族4人に死刑を求刑

 

■赤ちゃんの遺体はどこへ

しばらくしてパレンケ病院から大変小さな棺が自宅に届けられ、両親はすぐにフタを開けて中を確認。するとそこに赤ちゃんの姿はなく、なぜか悪臭を放つビニール袋がいくつか入っていた。それらがゴミ袋であることは一目瞭然であったという。

驚いた両親は病院に急ぎ、「早く我が子を返して」とスタッフに詰め寄った。しばらく待つと目の前に男の赤ちゃんの遺体が運ばれてきたが、その子は彼らの子供ではなかった。母親は「腹を痛めて産んだ我が子の顔くらいわかります。病院側の対応はすべてが適当でした」と怒りをあらわにしている。

次ページ
■地元の保健当局も調査を開始

この記事の画像(1枚)